駆逐艦 雪風

 太平洋戦争が終わり、もしも私が少年として玉音放送を聞いたなら、泣きぬれ心砕かれ、戦争からの解放も未来の希望も語ることはできなかっただろう(母は戦争が終わったことが何よりうれしかったと言っていた)でも、少年が、大日本帝国海軍の駆逐艦 雪風が、唯一、無傷で帰ってきたことを知ったら、また違う涙が紅潮する頬を伝ったことだろう。

 雪風は16回に及ぶ主要な作戦に参加した。ミッドウエーでは炎上する空母赤城を援護し、ソロモンでは連合軍空母エンタープライズの艦載機と交戦した。ガダルカナルでは、操舵不能となった旗艦比叡救出に、午前4時20分、僚艦のうち最も早く到着している。終戦間際、戦艦大和による沖縄特攻作戦においては、大和沈没による生存者100名を救出した後、なお、1隻による嘉手納湾への突入を目指した。が、駆逐艦司令艦である磯風大破による救助、雪風により自沈させるに至り、日本の帰還を余儀なくされた。奇跡の浮沈艦の誉れに、艦長の寺内中佐は「ただ幸運だったのだろう」と述懐した。所属は呉。江田島の旧海軍兵学校跡、海上自衛隊教育参考館の庭、解体後残された雪風の錨を私も見に行った。

 欧州では、新型コロナウイルスは第二次世界大戦以後最大の危機と語られ始めた。これから私たち日本も、感染症と世界経済の未曽有の嵐に巻き込まれ、「戦争」と向き合わざるをえなくなるだろう。そしてその「戦争」が終わった時、「無傷」のグループが残っていたなら・・・。顧客を見回しても「基礎疾患」たる「課題」の多さや「老齢」により「硬直」した会社が多い。ただ武運長久を祈りたい。私たちのグループは今現在あまり課題を抱えていない。しかし先行きは荒波だ。まずは私たちが、メンバ―を欠かすことなく「無傷」で帰還することを目指したいと切に思う。

 代表 岡本

 

| 23:06 | - | - |

球春到来2020、のはずが・・・

皆様、おはようございます。

 

 私が密かにこのブログで毎年続けている「球春到来」シリーズ。

 今年も満を持して、この時期に「球春到来2020」のタイトルで書くつもりでした。

 

 ところが、まさかのプロ野球開幕延期とセンバツ中止。

 残念ですが、状況が状況だけに仕方がありません。個人個人が今はできることをしていくのみですね。


 プロ野球の開幕延期で思い出すのは、9年前の東日本大震災の時。

 京セラドームでのオープン戦のチケットを持っていて、払戻の手続をしたことが記憶に新しいです。

 

 こういった非常時に思い知るのは、日常のありがたさ。

 

 当たり前にプロ野球が開幕して、当たり前に野球観戦をする日常が、日々の安全や安定の元に成り立っていることを改めて実感します。

 

 少し遠くなった球春を心待ちにしながら、空いた時間を今までやっていなかったことに使っていきたいです。

 

 早く元通りになってほしいですね。

 

 エル・セイフティは持続可能な社会づくりのお手伝いをいたします。(金井)

 

 

| 07:00 | - | - |

咳エチケット

皆さんこんにちは。今回は市村が担当します。

 

 最近の通勤電車で咳やくしゃみが聞こえてきません。というか、咳をしようものなら冷たい視線を浴びるのが怖くてできないのかもしれませんが・・・。そうは言っても、どうしても出てしまう事もあります。そんな時にこうしましょうと「咳エチケット」が厚生労働省のホームページに掲載されています。

 1.マスクを着用する

 2.ティッシュやハンカチなどで口や鼻を覆う

 3.上着の内側や袖で覆う

 なお、何もせずに咳やくしゃみをするとしぶきが2mほど飛ぶそうです。世間が過敏に反応する今は、いつも以上にマナーとして配慮する必要があるかと思います。

 

エル・セイフティは皆さんをしっかりとサポート致します。

| 00:30 | - | - |

できることから

新型コロナウイルス感染拡大の影響が、じわじわと広がってきています。

 

ドラッグストアの店頭には今もマスクの在庫はありません。

その不安感から買いだめ心理が大きく働き、先週末はマスクの他にトイレットペーパーやティッシュ、さらにはお米なども売り切れが続出していたそうです。
テレビや新聞、インターネットなど、今は実に多くの手段で情報が得られます。

それはたいへん心強いことですが、反面、中にはデマや勘違いなどの誤った情報もあります。

情報の信憑性を見極め、落ち着いて拾い上げていくことが重要と感じています。


また、通勤電車が日に日に空いてきているように感じています。政府の自粛要請によって休校やリモートワークの実施が増えているようです。

先のお米の売れ切れのお話も、そういった影響で自宅にいることが増えたためでしょうか。

 

私もこの週末は、予定を変更してずっと自宅で過ごしていました。

楽しみにしていた予定が〜、と残念な気持ちもありましたが、せっかくの機会なので、自宅で楽しく過ごす方法は何だろう?と考えてみました。

 

まずは分かりやすく『撮り溜めたままの録画を見る』。

週末にまとめて観るぞと撮るものの溜まってしまっていた録画たち。出演者が色々な町をブラブラと歩き回る番組が面白かったです。
続いて『いつか観ようと思っていた動画を見る』。

人に勧めてもらっていたものや、気になっていたものなど。あれこれ観ていると時間があっという間に過ぎていって、これはとても危険です(笑)
しばらく同じ姿勢ばかりでしたので、体を動かそうと筋トレ。

ちょうど「あと5回しかできませんよ!」と励ましてくれる動画を録画してあったので、たいへんしんどく&楽しく取り組みました。
体の改善のあとはお部屋の改善です。

いつものお掃除にもうひと手間加えてよりキレイにしたり、模様替えをしたり。少し早いですが、棚の飾り付けを春仕様にしてみました。気分が少し明るくなりました。桜の開花が待ち遠しいですね。

 

新型コロナウィルスの感染拡大で、いつも通りにできないことが増えてきています。そこでできないことばかり見つめていると、ぐぐぐっと気が滅入ってしまいます。
確かな情報を取捨することと、できることに気持ちと視点を切り替えて臨むことが、この時期を乗り切るカギなんじゃないかしらと考えています。

ちなみに土曜日に行った筋トレの成果が、日曜日の筋肉痛として現れました。『筋肉は裏切らない』という確かな情報を、文字通り身に染みて感じています(笑)

 

 

 

エル・セイフティは皆さんをしっかりとサポート致します。
(堀籠)

 

| 09:00 | - | - |

ハッピーエンドがいい

 私の行く美容院では、シャンプー台の前の壁に大きなスクリーンが設置されています。いつも映画がサイレントで流れていて、シャンプーが終わるまでの数分それを眺めています。先日はディズニー映画「リトルマーメイド」が流れていました。『人魚が人間になって王子様と幸せに暮らす』ストーリーだったよね、とその時は特に気にも留めていませんでした。
 ところが帰り道で「そういえば、どうやってハッピーエンドになったんだっけ?」と急にその詳細が気になりだし、あらすじを確認してみることに。『人魚姫 あらすじ』と入力して検索。そう、この時私はディズニー映画の「リトルマーメイド」と「人魚姫」がごちゃごちゃになっていたのです。「人魚姫」のあらすじを読むと・・・


(めっちゃ悲しいやないか!)

 

 頭の片隅にこの悲しいエピソードの記憶がわずかに残っていて、でもディズニー映画はハッピーエンドのはず、という違和感がどこかにあったのかもしれません。そういえばアンデルセンやグリム童話は結構ダークだと聞いたことがあったな、ということもついでに思い出しました。

せっかくの気分が少しもやっとしてしまったではないか。

おとぎ話はハッピーエンドがいいです。(松山)

 

ライフプランのお悩みはエル・セイフティにご相談ください。

| 09:00 | - | - |

勉強になります (._.)

 建設業は現場が男の職場で、顧客の社長から、なかなか興味深い話を教えていただいています。A社長からは「てめー!」と言う時の手刀の切り方は二本指が最適だとか、殴る時は鼻血を出させれば半分は戦意を喪失させられるとか。B社長は、睨みつけてくる小心者より、気をつけないといけないのはへらへらしながら視線を上から下に落としてくる奴だとか。なかなか参考になります。

 時がたち、阪急神戸線で、私を含め男三人が三面鏡のように顔を20~30センチの距離でつきあわせるシチュエーションに陥ったことがあります。私は「変顔」をして上を向いているのですが、二人がずっとにらみあっているのです。そして梅田に着いたとたん、片方がもう一方に殴りかかり。数秒後、殴る男の胴体にしがみつく私と、鼻血を出して大の字になっている青年、そしてなお殴り続けるこの男。男は私の腕を振り払うと脱兎のごとく人込みの中に消えてしまいました。混雑した集団は私たち3名を気にかかてくれる人は一人たりもなく。「大丈夫ですか?何なら・・」と語りかけるも、戦意を喪失した青年は放心状態です。「なるほど鼻血を出させれば戦意喪失か・・」

 それからして、やはり阪急神戸線で15センチ状況で五分刈りの人と視線が合ってしまったことがあります。荷物が双方とも相手方を押していて痛い!あまりに睨みつけられるものですから、私が戦意を喪失し、(この前のこともあるので)駅に着けば鼻っ柱を殴られこの男は逃げていくんだろうなと観念しました。「変顔」をして上を向いていたのですが、(こわごわ)悲しく視線を上から相手に落とし、(せめて壊されないよう)そっと眼鏡を胸ポケットにしまいました。殴られるであろう寂しく悲しみを持った目と、混雑の中、きわめて緩慢な動作です。こうなれば蛇にロックオンされたカエルの心境です。食べられるまで相手を見ておかなくてはなりません。

 数秒後、小さな声がありました。「すみません・・」(エエッー!?怖いんや!)

 やはり、仕事もせずA社長とB社長の言葉を真剣に聞いておいてよかったと思った次第です。

 エル・セイフティは皆さまと未来を一緒に考えていく集団です。 代表:岡本

| 20:06 | - | - |

恵方巻きが教えてくれたこと

皆様、おはようございます。

 

2月3日は節分でした。

恵方巻きは召し上がりましたか?

私は毎年かかさずいただいています。

 

 今年も張り切ってスーパーに恵方巻きを買いに行きました。

 

 しかし、、ない!!


 恵方巻きが売り切れています。
 今までは夜遅く買いに行っても、けっこうドッサリと残っていたのですが、食品ロスが叫ばれる昨今、生産を抑え気味にしたのでしょうか。スーパーのどこを探しても見つかりません。
 何名か私と同じようなお客さんが肩を落として売り場を見つめています。

 

「マスクや消毒液をゲットできないだけではなく、恵方巻きまでゲットできないのか…」

 

 悲しみにくれながら、気を取り直します。

 

「コンビニにならまだ残っているかもしれない!」

 

 私はコンビニに向かいます。

 コンビニに向かう途中の曲がり角で、居酒屋の前で出店が出ているのを発見しました。
 遠目から目を凝らして見てみると、恵方巻きらしきものが台に鎮座しています。

 

「あれは恵方巻きに違いない!」

 

 恵方巻きをロックオンしてまっすぐ出店に向かいます。

 出店にたどり着くと、恵方巻きが3本、恵方巻きハーフが2本。

 そして私の前に並んでいるお客さんは2人。

 よっぽどのことがなければ恵方巻きはゲットできます。

 

 ただ、私は恵方巻きハーフのほうがよかったので、ハーフが私に行き渡るように心の中で祈っていました。

 

 その願いもむなしく、前のお客さんが恵方巻きハーフを2本買っていきます。

 

「ハーフ2本買うなら普通サイズ1本買えばいいやんか。。。しょうがない、普通サイズを買って半分に切って残りは明日の朝ご飯にしよう」

と思いつつも、やはりハーフを諦められない私。

 

「ハーフってやっぱり今ので売り切れですかね?」

 

お兄さんがニッコリと言います。

 

「普通サイズを半分に切りますよ」

 

「ありがとうございます!!」

 

 そんなこんなで私は無事、恵方巻き(ハーフ)を今年もおいしくいただけたのでした。

 こんなにも食べ物のありがたみを感じたのは久しぶりかもしれません。

 

 ようやくタイトル回収ですが、恵方巻きが教えてくれたこと。

 

それは諦めないこと。

 

 恵方巻きが売り切れていても、望んでいるサイズが目の前でなくなったとしても、諦めないことが大切だと、立春前日の試練で教えてもらいました。

 

 個人・法人のマネープランに関するお悩みごとはエルセイフティにご相談ください。 (金井)

| 07:00 | - | - |

備え

皆さんこんにちは。今回は市村が担当します。

 

昨年の社内研修にて災害に対して意識する機会がありましたので、この度我が家に新たな防災グッズを追加しました。それは簡易トイレです。

 

 災害の備えとして重視されるものは、水や食料といった生命維持するための物資を準備するイメージが強くありますが、最近にあった災害における被災者のインタビューからは、食に関する不満を聞くことは少なく、生活用水不足による不便、不満の方が多く耳にしました。よって、被災にあったとしても文化的な生活を維持するためにとの思いからこちらを追加しました。当然、衛生上または感染症予防にも役立つと期待しております。現在、新型コロナウィルス感染症の流行から、マスクや消毒液の不足や価格の急激な高騰化から見ても、地震や災害が起きていない今のうちに防災に対する備えをしておく必要があると改めて思わされるところです。

 

エル・セイフティは皆さんをしっかりとサポート致します。

| 00:01 | - | - |

三社参り

皆さんは『三社参り』という言葉をご存じでしょうか。

三社参りとは、お正月の初詣の際、三つの神社に詣でることをいいます。

九州、中国地方の一部や関西、関東にもみられる風習だそうです。

 

地方によって決まりはさまざまなようですが、私が以前暮らしていたところのルールは、それはゆったりとしたものでした。

 

一日のうちに詣でるもよし。

三が日のうちでも、松の内の間でもよし。

なんなら、過ぎてもよし。

 

氏神さまのところでもよし。

地域のいちばん大きなところでもよし。

遠くの有名なところでもよし。

 

守るルールはひとつだけ、『三か所詣でること』のみでした。

 

今年はというと、今のところ

・最寄りの神社

・お散歩先で見つけた神社

に詣でました。

まだあと一か所残っています。

冒頭述べたように、期間に定めはありません。

春、少し時間に余裕が出た頃にでも、お花見がてらどこかへ詣でようかしらと考えています。

 

 

 

エル・セイフティは皆さんをしっかりとサポート致します。

(堀籠)

| 09:00 | - | - |

25年

 阪神淡路大震災から25年。

 

 大きな節目を迎えた今年は、例年より時間を割いた特集が組まれていたのか、テレビで過去映像を多く目にしたように感じます。当時と現在の姿の比較は、普段目にしている風景が当時はこんな状態だったのだ、と被害の大きさを改めて思い出させます。
 2020年1月17日。東遊園地で中継にこたえるリポーターが一人の男性のインタビューを紹介していました。「家も家族も無事であまり被害を受けなかったので、ここに来ることに後ろめたさを感じていた。でも25年の節目だから来ようと思った。」
 大切な人を失った人の悲しみはこれからも消えることはないでしょうが、そうでない人も「忘れない」ことが大事なのだと感じました。(松山)

 

 ライフプランのお悩みはエル・セイフティまでご相談ください。

| 09:00 | - | - |




CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
qrcode


New Entries
Archives
Link
Profile