千秋楽

皆さんこんにちは。今回は市村が担当します。

 

令和1年5月26日大相撲夏場所の千秋楽、米国大統領杯を受取った優勝の浅乃山、土がついての表彰は少し残念であったが相撲の少々式を観たいと思ったのは初めてでした。政治に経済に世界を揺さぶる米国大統領が土俵に上がった時、何かを起こしてくれるのではと期待しテレビ中継を観ていましたが至って普通の振る舞いで、米国大統領が日本ぽい会釈をする姿に少し親近感を感じました。毎日ツイッターで見せる彼のイメージとは違って、普通にゲストとして振る舞う大統領の姿に何となく安堵感も感じたりしました。

 

エル・セイフティは皆さんをしっかりとサポート致します。(市村)

| 03:00 | - | - |

大阪に世界遺産!

先日、堺市・羽曳野市・藤井寺市にまたがる『百舌鳥・古市古墳群』の世界遺産登録へまた一歩前進するニュースが流れましたね!

 

仁徳天皇陵(大仙陵古墳)のある堺市は特にPRに力を入れていて、古墳をモチーフにしたキャラクターや古墳グッズ、古墳の形を模した古墳カレーなどがあるそうです。

私はこの辺りをサイクリングコースにしていて時々走りに行くのですが、本当にそこかしこに古墳があって「むかし教科書で見た古墳って、こんなにごろごろあるんだ!?」と最初はびっくりしました。

地元の人にとっては、地域に溶け込んだ本当に身近な存在のようでした。

 

古墳の中にはたぬきが住んでいるものもあるんです!私も一度だけ遠くから見たことがあります。

ふっくら丸いしっぽがゆらゆら揺れてたいへん可愛らしかったのですが、遠すぎて写真に収めることができませんでした…残念。

 

このまま順調にいって世界遺産登録となればさらに盛り上がって、まだ知らない古墳の魅力を知る機会が増えるのでは…!と期待しています。

今後の動きに注目です。

仁徳天皇陵(大阪府堺市)

| 09:00 | - | - |

チケット争奪戦

 いよいよ東京オリンピックのチケット申し込みが開始されましたね。初日はアクセスが集中し繋がりにくかったそうですが、申し込みされた方はいらっしゃいますか。
 開会式は30万円で閉会式は22万円!とても高額ですが、それでもすごい倍率なのでしょうね。各種競技のチケット価格を見てみると、どれが人気種目なのかがよくわかります。決勝戦の一番良い席で見てみると、水泳や陸上、バスケットボールは10万円以上。次にテニスや柔道、バレーボール。そしてレスリングと続きます。
日本人選手が金メダルをとる瞬間に立ち会うことができたら、と想像するだけで気持ちが高まります。
どうかチケットが当選しますように!(松山)

 

 ライフプランのご相談はエル・セイフティまで。

| 09:00 | - | - |

鳴門海峡をヨットで渡る!

 第五管区(関西地区はこの管区となります)海上保安本部のHPにおいて「鳴門海峡は、海峡の幅が狭く潮流が複雑で極めて強い、日本有数の船舶交通の難所です」と、海峡を渡る際の注意がたくさん書かれています。前日は徳島の漁港に停泊し、朝8時35分の転流を狙ってスタートします。5時41分の最大8.1ノットの北への流れが、11時42分に最大8.8ノットの南の流れに変わる中間が転流時です。明石海峡よりも幅が短くて深さが200メートルもあります。私の船はエンジンを全開にして最大7.5ノットですので、逆流に立ち向かってはマイケルジャクソンのムーンウオーク状態で流されますが、転流時以降は南流なので、水洗トイレのように勢いよく海峡の外へ流され出ていきます。しかし問題は渦の存在です。渦はこの潮流とは関係なく潮位によって引き起こされる現象であるため、異なるリズムで発生します。来る前から洗濯機をのぞいては、操船を間違えるとこのように渦に巻き込まれ、奈落の底に落ちていくのかと思いつめていました。私の船なのですが、ここは操船が一番うまいOさんにまかせ、私とUさんがサイドでウオッチします。万が一船が回転しても落水しないよう、体をロープで固定し、渦の所在と行きかう船の距離を見張ります。不安と緊張の大橋通過です。出てくるときは朝もやで前がかすみ、転流時を狙って行きかう船が多くなってきたことも不安を増幅させます。そうこうしていると・・あっ!近くに渦が・・・

穏やかな渦です。そしてフツーに大橋を渡り切ります。

鳴門大橋

案ずるより産むが易し。あの不安はなんだったのか。

 次の日はたいそう吹いて、わーいと言いながらセーリングで帰ってきました。

 個人・法人のマネープランに関するお悩みごとはエルセイフティまで(岡本)

| 23:26 | - | - |

平成最後です!

皆様、おはようございます。

 

 平成最後の回担当となり、なぜかプレッシャーを感じております。
 とは言え、おそらくこのブログをお目通しいただくのは令和になってからかと存じますが、気合いを入れて書いていきます。

 

 さて、平成もあと2日となりました。
 日本全体としては、経済の低迷や大きな災害が起こるなどめまぐるしい時代でもありました。
 2月に参加したFP研修にて、講師の藻谷浩介先生が「平成は平に成った時代」と数字と冗談を交えお話しされていました。
 大きな災害はあったものの、日本としては戦争のない平穏な時代を過ごせて本当にありがたく感じますね。

 

 このブログは予約投稿をしているので、Upされるこの日は10連休のまっただ中です。
 皆様、10連休はどのようにお過ごしでしょうか?
 どこに行っても人が多いので家でゆっくりするという方も多そうですね。
 逆に、平成最後の思い出作りとして、人混みを恐れずに遠出される方もいらっしゃるでしょうね。
 私も後者で、とある場所に行って参ります。合わせて、出かけない日は積読本の消化や家の掃除にいそしむ予定です。

 

 ただ、4月30日と5月1日はなるべくゆっくり過ごし、時代が変わる瞬間を見守りたいと思っています。

 

 それでは、もうすぐ新時代です。新たに来る時代にソワソワしながらも、終わりゆく平成に感謝を込めて残りの時間を過ごしましょう。

 

 平成時代に引き続き、令和時代になっても、個人・法人のマネープランに関するお悩みごとはエルセイフティにご相談ください。

 

 次は令和でお会いしましょう!

 

(金井)

| 09:00 | - | - |

根気

 皆さんこんちは。今回は市村が担当します。

 

 年齢を重ねる毎に低燃費な身体になっていく事を実感しています。少し食べすぎかなと思う日が2,3日続くと体重はすぐさま上昇基調となっていきます。食事制限はつらいので燃費が悪い身体にしようと意識しプロテインを取りながら筋トレをしているのですが、自分に甘いトレーニングのためなかなか効果は現れません。筋トレの強度を高めれば済む事だとわかっているのですが、そうすると継続して行う難しさが出てきます。本当に燃費が悪い身体づくりをしたいのか自分に問いながらスイッチが入るように仕向けたく思う今日この頃です。

 

 エル・セイフティは皆さんをしっかりとサポート致します。市村

| 00:01 | - | - |

ワクワク楽しむ!

平成も残すところ半月となりました。

皆さまは平成時代をどのように過ごされたでしょうか。

 

人生100年時代といわれる今ですが、それでも30年は人生の多くを占める時間と言えましょう。

昭和の終わり頃に生まれた私にとっては、多くどころか人生のほとんどが平成時代です。

禍福は糾える縄のごとしといいます。青春も困難も、全部ぜんぶが詰まった元号です。

色んなことに帳尻を合わせて、今の私がここにいるのだなあと振り返っています。

(↑これは弊所所長がよく話す表現です。)

 

そんな平成をどのように締めくくろうかしらと考えてみたところ、子どもの頃に住んでいた町へ行ってみるのもいいなあと思いました。

もう家族も友人もそこには住んでいませんが、思い出の中の私は今もいます。

あの頃の自分に、大人になった自分を報告をするのです。

そして、あらゆるものに興味津々でワクワクしていた気持ちを分けてもらおうかと。

平成を締めくくり、ワクワクを加速させて、新しい時代を楽しみたいです。

 

平成最後のお花見(大阪府堺市)

 

 

ライフプランのご相談はエル・セイフティまで。(堀籠)

| 09:00 | - | - |

アイデンティティ

 新元号発表から1週間経ちました。
皆さんは意外だと感じられましたか。あるいは予想に近いものでしたか。元号が発表されるその時を、悲しみの中ではなく、わくわくした気持ちで迎えられたことや、新元号にあやかったビジネスがすぐに始められる様子は、前に向かって進もうという勢いが感じられ、大変良かったと思いました。

 

 元号を使っているのが今や日本のみということを知ったとき、ふと「アイデンティティ」という言葉が浮かびました。きっと西暦だけの方がシンプルで管理しやすいのかもしれません。実際システム関係の方は、改元対応で今月は大変だろうなと思います。それでも今回のできごとは、「私たちは日本人だな」と改めて意識する良いきっかけになりました。

次はどんな時代になるのか楽しみです。(松山)

 

ライフプランのご相談はエル・セイフティまで。

| 09:00 | - | - |

夜間飛行

 着陸(ランディング)か離陸(テイクオフ)か。ユーチューブで見てもランディング(着陸)ファンが多いのがわかる。減速しながら機体を平行に保ち、目標地点に降りる。船も同じで着岸はいつでも緊張する。減速するということは制御力を手放すということ。自転車でもスピードを上げれば安定度は増すが、落とせばぐらつくのと同じだ。そして風との戦いが始まる。航空機の場合、パイロットはマニュアルモードに戻し、風を自ら感じながら機体をまっすぐに立て直そうとする。ユーチューブでランディングの動作を見ても、パイロットが激しく左右に操縦かんを動かしているのに感動を覚える。悪天候の折、航空機が着陸したことを感じた乗客から拍手が起こるのはよくある光景である。しかし、ランディングよりもファンが多いと思えるのがゴーアラウンド(やり直し)だ。着陸をやり直すこと自体、失敗には違いないのだが、一瞬の判断で、スロットルを全開し、失速による墜落を防ぎテイクオフすることは、大変、勇気と技量を要することだからだ。パイロットも、眼前に目標地点がせまった場合、強行着陸をしたい気持ちが勝るという。ファンが多いのはそんなパイロットの瞬時の判断に思いをはせ、勇気と決断に拍手を送りたくなるからだろう。

 話は変わるがサンテグジュベリに「夜間飛行」という小説がある。悪天候の中、どこにも降り立つ空港を見つけられなかった航空郵便のパイロットが、使命感だけに支えながら、1人夜間飛行を続けていく。視点は地上で待つ人たちなのであるが、燃料が切れた頃がクライマックス。もう彼はどこにもいないだろうと。

 私も、もうテイクオフを夢見る年でもなくなった。ランディングでもゴーアラウンドでもない。暗闇に光る緑の計器を見ながら、目標地を持たず、ただ飛んでいたいなと思うようになってきた。趣味で小さな船に1人で乗っている。家族は心配するが、実際にそんなシチュエーションに恵まれるかもしれない。

 ところでこのブログ更新日はエイプリルフール。社員は必ずギャグを書けと言う。ごめん、シリアスな話題なのでギャグは書けない。でもこれだけは言える「三井生命は大樹生命」。何度でも言える!(出展:戸田恵梨香CM)   

 個人・法人のマネープランに関するお悩みごとはエルセイフティにご相談ください。(岡本)

| 21:14 | - | - |

球春到来2019

皆様、おはようございます。

 

 23日に平成最後のセンバツが開幕し、プロ野球の開幕も29日に迫ってきました。今年も球春が到来しましたね。

 さて、球春ということですが、プロ野球ファンの球春は実は2月から始まっています。

 

 ずばり、春季キャンプです。

 

 私も、今年は初めて沖縄キャンプに遠征をしてまいりました。
 2月は当社の繁忙期のため社内の者には何も告げず、本州が寒波に襲われる中、コッソリと行ってきました。


 那覇空港では青や赤、タテジマなどユニフォームを着たファンの方をちらほら見かけました。

 

 キャンプ地にいざ向かうとまだ8時過ぎにもかかわらず、たくさんのファンが選手達の到着を待ちわびています。
 私もその列に加わり、選手達を間近で見られるという幸運を味わいました。

 

 シーズン中も試合前に練習風景を見ることはありますが、今回のキャンプでは、じっくりと選手達の動きを見ることができ、貴重な体験となりました。
 トスバッティングのスピードも高速で、練習にもかかわらずとても見応えがあります。

 

 「この練習の積み重ねがいつもシーズンでの試合に活かされているのだな」とひしひしとプロの凄さを感じた次第です。

 

 選手達の頑張りを後押しできるよう、今年も気合いを入れて応援をしようと決意を固めた、私にとっての初キャンプでした。

 

 個人・法人のマネープランに関するお悩みごとはエルセイフティにご相談ください。(金井)

 

 

 

| 07:00 | - | - |




CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
qrcode


New Entries
Archives
Link
Profile