防災を考える

 大阪北部地震からちょうど一週間が経ちました。大きな災害が起こると、自分の防災対策は十分か、その時ちゃんと行動できるかどうか考えさせられます。
 地震発生当日、テレビで「災害用伝言ダイヤル(171)」の案内がされていました。存在は知っていましたが、いざというときすぐに使えるほど詳しく知りませんでした。
 家族と離れた場所で被災した時、自分の無事を知らせるとともに、相手の無事も確認する重要なツールです。
安否確認をする人が殺到して電話回線が渋滞しつながらなくなるため、警察や消防への緊急通報が確保できないということが起こります。これを防ぐのに「災害用伝言ダイヤル」が役立つそうです。

 

 災害用伝言ダイヤル(171)は、災害時のみ利用できる番号ですが、体験利用日が設定されており、家族や友人間で体験できるようになっています。いざというときに備えて、一度体験してみてはいかがでしょうか。(松山)

 

 ライフプランのご相談はエル・セイフティまで。


NTT西日本

災害用伝言ダイヤル(171)電話サービス
https://www.ntt-west.co.jp/dengon/taiken/

災害用伝言版(web171)メール・電話
https://www.ntt-west.co.jp/dengon/web171/taiken.html

 

首相官邸「防災の手引き〜いろんな災害を知って備えよう〜」
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/index.html

| 09:00 | - | - |



CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
qrcode


New Entries
Archives
Link
Profile