エンデバーと新幹線

 引退したスペースシャトルの1つ、エンデバーを見てきました。
 まずその大きさに驚きました。大きな倉庫で展示されているのですが、どの角度から写真を撮ってみても全体をカメラに収めることができませんでした。背の高い人がジャンプしても届かない、しかし絶妙な高さで展示されている機体は、塗装が剥げているところや、焼けたあとを肉眼で確認することができ、迫力満点です。

 エンデバーは日本人宇宙飛行士の搭乗も多く、ミッション毎にクルーを紹介するパネルに記載された名前と写真を見て「おお〜!」と声をあげていたところ、一組の親子に声をかけられました。3歳くらいのとてもかわいらしい男の子で、お父さんに肩車をされてエンデバーを見ていたのですが、お父さんいわく「息子は新幹線が大好きなんだよ」とのこと。「名前を言ってごらん」と半ば無理やり新幹線の名前を言わされることになった彼は、これまたかわいい声で知っている名前を教えてくれました。
 何度も宇宙に行き大気圏突入を経験したスペースシャトルを背に、「日本の新幹線が好き」と言う男の子。
まさかこんなところで「日本の新幹線、すごいな」と思うとは。(松山)

 

ライフプランのご相談はエルセイフティまで。

| 09:00 | - | - |



CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
qrcode


New Entries
Archives
Link
Profile