恵方巻きが教えてくれたこと

皆様、おはようございます。

 

2月3日は節分でした。

恵方巻きは召し上がりましたか?

私は毎年かかさずいただいています。

 

 今年も張り切ってスーパーに恵方巻きを買いに行きました。

 

 しかし、、ない!!


 恵方巻きが売り切れています。
 今までは夜遅く買いに行っても、けっこうドッサリと残っていたのですが、食品ロスが叫ばれる昨今、生産を抑え気味にしたのでしょうか。スーパーのどこを探しても見つかりません。
 何名か私と同じようなお客さんが肩を落として売り場を見つめています。

 

「マスクや消毒液をゲットできないだけではなく、恵方巻きまでゲットできないのか…」

 

 悲しみにくれながら、気を取り直します。

 

「コンビニにならまだ残っているかもしれない!」

 

 私はコンビニに向かいます。

 コンビニに向かう途中の曲がり角で、居酒屋の前で出店が出ているのを発見しました。
 遠目から目を凝らして見てみると、恵方巻きらしきものが台に鎮座しています。

 

「あれは恵方巻きに違いない!」

 

 恵方巻きをロックオンしてまっすぐ出店に向かいます。

 出店にたどり着くと、恵方巻きが3本、恵方巻きハーフが2本。

 そして私の前に並んでいるお客さんは2人。

 よっぽどのことがなければ恵方巻きはゲットできます。

 

 ただ、私は恵方巻きハーフのほうがよかったので、ハーフが私に行き渡るように心の中で祈っていました。

 

 その願いもむなしく、前のお客さんが恵方巻きハーフを2本買っていきます。

 

「ハーフ2本買うなら普通サイズ1本買えばいいやんか。。。しょうがない、普通サイズを買って半分に切って残りは明日の朝ご飯にしよう」

と思いつつも、やはりハーフを諦められない私。

 

「ハーフってやっぱり今ので売り切れですかね?」

 

お兄さんがニッコリと言います。

 

「普通サイズを半分に切りますよ」

 

「ありがとうございます!!」

 

 そんなこんなで私は無事、恵方巻き(ハーフ)を今年もおいしくいただけたのでした。

 こんなにも食べ物のありがたみを感じたのは久しぶりかもしれません。

 

 ようやくタイトル回収ですが、恵方巻きが教えてくれたこと。

 

それは諦めないこと。

 

 恵方巻きが売り切れていても、望んでいるサイズが目の前でなくなったとしても、諦めないことが大切だと、立春前日の試練で教えてもらいました。

 

 個人・法人のマネープランに関するお悩みごとはエルセイフティにご相談ください。 (金井)

| 07:00 | - | - |



CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
qrcode


New Entries
Archives
Link
Profile